暖炉のある四角い箱の家

◆和歌山市T邸 ◆専用住宅 ◆構造:木造 ◆外壁:モルタルリシン吹付 ◆屋根:防水シート

暖炉のある四角い箱
磯ノ浦から程よい場所で自然の残っている場所選びから始まった家つくり。出隅の壁を窓で欠きとる事で固定概念にとらわれない間取りをデザインした。部屋を広く見せる工夫として改造した掃き出し窓をコーナーに配置し、間仕切り壁等省ける物はできる限り省き使う素材、設備器具のグレードアップを図った。結果コンパクトながら広く感じる質の良い家ができた。暖炉のあるこの家のリビングはライフスタイルが座形式である為、キッチンの床は下げて目線を合わす事でも広く見える工夫を施し、照明器具の配置にもこだわりを持って他の家との差別化を徹底したおしゃれな家となりました。