内にいて外も楽しめる、デッキのある家

◆和歌山市A邸 ◆専用住宅 ◆構造:木造 ◆外壁:コテ押エ一部ムク材 ◆屋根:ガルバリウム

内にいて外も楽しめる、ひときわ目立つデッキのある木造住宅。面をへこまし木材の外壁を使い側面とは違う素材を使うことで落ち着いた重厚な質の高い建物が完成した。北側の2階の部屋には天窓を設け常に明るい日差しが差し込む。吹き抜けにより2階にいても家族を感じる事ができ、外部の手摺の高さはプライバシーと圧迫感を感じない最適な高さに設定し、リビングの大開口により内にいても外を楽しめる家として完成した。デザイン的にはシンプルで他には無い色を使った結果とても個性的な家になったのではないでしょうか?リビングからデッキへと繋がるサッシはフルオープンになる事で開放感抜群です。今後どのように活用されるかは建築主様にお任せ致します。