和歌山県 福祉のまちづくり条例 デイサービス編 その1

和歌山県では、障害者、高齢者の行動や社会参加を阻んでいる障壁(バリア)を取り除き、誰もが地域社会で快適に暮らせる福祉のまちづくりを推進するため、平成8年10月に「和歌山県福祉のまちづくり条例」を制定いたしました。あまり一般の方々には知られていないですが、これからの高齢化社会に向けて少し勉強をしていきたいと思います。
この条例は公共的施設の建築物や公共交通機関の施設、道路、公園、建築物以外の駐車場に適用されます。
今回はデイサービスについてお話したいと思います。
まず、条例に適応する為に道路からスロープまで点状ブロックや線状ブロック、写真の黄色い表示板です。を敷き詰めます。スロープを登った部分にも必要です。細かい決まりがあり、デイサービスの入り口や受付の位置、内部から外部を見て来客者が良く見える状況により若干緩和措置があるようです。それから車椅子用駐車場ですが、まず、車いす使用者用と分かるように国際シンボルマークを床面に塗装する。巾は3.5m奥行きは得に規定なしですが、5m以上は欲しいと思われます。全駐車台数が5以上になると駐車スペースに青色塗装したり車いすを降ろすスペースの表示であるゼブラゾーンの表示塗装が配慮事項として必要になってきます。スロープに関しては1/12以下かつ16cm以下であれば手摺は必要ないですが、それ以上になるとスロープには手摺が必要になってきます。
車いす専用のトイレ(車いす使用者以外兼用可)の場合やはりドアに国際シンボルマークである車いすのマークを貼り付ける必要があります。取っ手も握りやすい物、車いす使用者に考慮したドア(今回は引き戸)等規定があります。
トイレに関しては規定が細かくあります。
まず、車いすが中で回転するのに必要な寸法がФ150cm確保する事。L型手摺や手洗いの水洗器具はレバー式や光感知式等操作が容易なものとされていたり、床は滑りにくい素材や誘導基準として洗面器や鏡ペーパーホルダーを考慮すること。などたくさんあります。
今回はここまでですが、次回は各寸法について説明したいと思います。
   富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

テナント改装中 居酒屋完成編

今回、改装中でした店舗が完成し、無事にオープン致しましたので報告いたします。
ここは『とり酒場 みつぼし』和歌山市内で3店舗目の『みつぼし』です。和歌山駅東口から歩いて5分の所です。和風で落ち着いた雰囲気のお店ですよ。
鳥の手羽先が売りのお店です。
この写真はオープン前に撮影したので静かな感じが漂っていますが、オープンに行きましたが、とっても良い雰囲気になっており一安心です。
左がカウンターで中の厨房の開口部が目線より上なのでカップルや一人の方には落ち着いて食事ができます。右側は個室や間仕切りをはずせば団体様でも対応できるようになっております。
みなさまも是非行ってみて下さいませ。

事務所改装工事 その1

今回は事務所の改装工事をご紹介したいと思います。 と言ってもほとんど終わり掛けていると言う状態ですが。
倉庫の中にちょこんと又別の建物が。 みたいな感じですが、しっかり主張はしてますね。まだまだ下地丸出し状態ですが、なかなか面白い建物と思いませんか?
基本、引き違いサッシは使わないようにしています。 引き違いサッシは、どこにでもあるサッシなので、どうしてもどこにでも有るサッシに見えるのですよ。それは脳に直接訴えるものなので、普段は気がつかない所なのですが、引き違いサッシを使わないだけで、何となく他と違う感じ方をするのです。脳に直接語りかける事務所。物は言い様ですね。
ちょっと写真がぶれてますが、天井までの建具を使っています。既製品を使わずオリジナルで建具を作るとこれもやはり他では目にしないので、何となく違うと言うのが伝わります。ただ何が違うのか分からないという方もいらっしゃいます。それがいいのです。
本来、建具には額縁という枠が付いてくるのですが、壁と一体感を出す為に額縁を設けない収め方をします。これをする事によりより一層天井までの建具が壁になじむわけですね。
千鳥に設置したサッシです。デザイン性によるものですが、建築には遊び心が必要なのですね。余裕のある暮らしと言いますか、時には意味の無い事も受け入れる遊び心が建物に愛着を持たせる秘訣だと思っております。
では次回もお楽しみに。

テナント改装中 居酒屋編その2

今回はテナント改装中の現場ですが、今週中に工事が終わる模様です。
まだ、備品の方(家具系)はは入ってないのですが、壁の仕上げは終わってますね。あと、床がまだ素地のままなので、塗装を施さなければなりません。この現場では本体工事としては床材が結構お金が掛かっているようです。
カウンター部分です。足元は堀になってます。壁は左官塗り壁でくし引きのような仕上げになってます。色は黒色でかっこいいです。
厨房は壁はステンレスを使っていてまぶしいですね。
まだ厨房の器具も設置されていないので、なんか滅菌ルームのようです。
次回は完成の様子を紹介できればよろしいかと思います。

テナント改装中 居酒屋編その1

今日はテナント改装中の現場へ足を運びました。
リフォームをする前ですが、このテナントは天井が低いので、それを逆におもしろくできないか?と言うクライアント様の希望がありました。
この写真は今日撮影してきたものです。ほぼ、大工さんの仕事は終わりみたいですね。分かりにくいかもしれませんが、段差をもうけ、天井の低さをあえて強調する事により頭への危険度を回避する狙いがあったりします。廊下は天井を少し高く、座席部分は逆に低く落ち着く雰囲気を演出したり、色々工夫はしております。
カウンター部分ですが、足元は堀にしており、カップルや一人で飲まれたい方にはちょうど良いですね。最終的にどんな雰囲気になるのか、今からとても楽しみです。