冬野のオープンな家その3

いよいよ内部も完成が近づいて参りました。今回は非常にオープンな家に仕上がってます。スキップフロアを中心にリビング、各部屋と動線が全て繋がっており開放感あふれる思い切った家になりました。2階の天井は斜め天井になっており、狭いながらも高さを出す事で広く感じる空間となった。スキップフロアからの吹き抜けは広く感じさせるだけではなく空間に面白みを持たせた。階段は蹴込みがない抜けのある階段で圧迫感を無くし、オープンな家にふさわしい階段となった。

DSC_2097 DSC_2108 DSC_2117 DSC_2120 DSC_2123 DSC_2124

冬野のオープンな家その2

上棟式も終え形が見えてきました。地震時に大きな揺れによって柱が土台、梁からはずれぬように金物で固定します。寺社物件や古い家などの建築物は揺れに追随するよう地震の力を吸収する事で耐えるよう出来ていますが現在の建築基準法では地震に耐えるよう設計されています。なので想定外の地震が起これば当然倒壊することになります。その都度、法律が変わっていくのが現状です。将来的には揺れに耐えるのではなく揺れに追随するような建築物が主流になっていくのではないかと私は思います。

DSC_0129 DSC_0130(1) DSC_2022 DSC_2024 DSC_2034 DSC_2041

冬野のオープンな家その1

冬野でオープンな家が始まり、まずは地盤改良。元々が田んぼの新規分譲地だけあって地盤調査をすると改良が必要な土地でして、杭が打ち込まれる事となりました。最近ちょっとした地盤改良の不正がニュースで取り沙汰され問題となっていただけに改良屋さんも慎重になっているのがひしひしと伝わります。弊社、富栄建設でも地盤改良で費用が掛かりますが、十分に必要性を建築主様に御説明をし、理解を持って頂くよう勤めています。今後起こりえる地震に備えとしても大切な事です。

DSC_0067DSC_0066DSC_0076

DSC_0077 DSC_0082 DSC_0085

山崎町の新築工事 その2

山崎町の新築工事ですが、第2回目にして完成となってしまいました。
これもずっとブログを疎かにしていた為ですが、先延ばしにするのもアレなんで一気に飛ばす事をお許し下さいませ。

012キッチンの写真です。前回の写真と見比べて頂くと分かりやすいと思います。木組みの状態から完成を見比べていかがでしょう?予想通り?
キッチンはパナソニックのIHが三連に横並びになっているタイプです。結構人気がありますが、魚を焼く所がないのでそれをいかにカバーできる方が購入されます。
若しくは魚を焼かない人。
013こちらは1階から上を見上げた写真です。
迫力が伝われば幸いです。
階段を上がって左奥にフリースペースがありその上にロフトがあります。
吹き抜けの一番上にロフトがある為、登ると眺めはいいんですが、ちょっと高所恐怖症の方は怖いかも。しかしロフトの入口が吹き抜けの良いアクセントになっていて非常に面白くはなっております。建築主様、十分気を付けてお上がり下さい。
吹き抜けを中心にぐるりと廻れるようにしてあり、遊び心満載の家になりました。
逆に言うととても贅沢な間取りとなっております。
こちらの建築主様はこちらの提案を快く受け入れてくれたおかげで工事する側も楽しく仕事ができましたし、又それが建物にもとても反映されたと思います。
014私が一番好きな写真です。
あえてランダムに窓を取り入れ壁面をデザインしました。建物のデザインや、面白い間取りも大事ですが、プラス壁面もデザインすると言うのが今回の一番の特徴です。この写真では2階しか写っていませんが、最後の写真で外部の写真がありますので内部をその写真から想像してみて下さい。
015この家はあえて夜の写真にこだわりました。
正面は無機質に窓のない壁面。
側面は思い切ってランダムに窓を配置し、建物に二面性を持たせ、内部からの光の漏れ方をデザインする。
当初から絶対面白くなる!と確信し、建築主様に猛アピールし、『うん面白そう!』と承諾してくださった建築主様。ありがとうございます。お陰様で良い家ができました。予想以上の光の漏れ具合に建築主様にも喜んで頂き提案して良かったと思う次第です。
正面からだと玄関の明かりのみですが、うまくメリハリができ側面とは違う表情が楽しめて面白いです。
最終的に芝生を植えられると言う事なので、緑と白のコントラストも良い感じになるのではないでしょうか?
裏から見るとこんな感じです。
016壁面をデザインすると言うのは難しいですが、今回、建築主様の後押しもあり実現しました。せっかく家を新しく建てるのですから、こだわりのある自慢のできる家を思い切ってする事も時には必要かと思う今日この頃。
以上ありがとうございましたー。

山崎町の新築工事 その1

さぁ山崎町の新築工事を見ていきたいと思います。

017基礎のベースの配筋です。
この状態でまず、中間検査用の写真を撮る事になります。
見るからに長方形です。
さぁこれからどのようになって行くのでしょうか?
018瑕疵担保の検査も終え立ち上がりの型枠を組みコンクリートを流していきます。
とんとん拍子に進んで行きます。
この時には玄関ポーチから外部へ関わる高さ関係も決定しておく必要があります。何段でポーチに上がるか等です。
019あっという間に木造編です。
この写真はキッチン部分です。
右の方に換気扇のダクトが見えていますね。
この状態で中間検査を受ける訳ですが、無事完了し一安心です。
天井高さはH2300です。吹き抜け等があり決して低さを感じる事はありません。
0201階から吹き抜けを見上げている所です。まだまだ分かりにくいですが、現場ではすごい迫力があり、建築主さんも図面で見るのと実際に見るのとで全然違うと驚いていました。
これからどうなっていくのかワクワクする現場となってきました。
ここからは照明器具やスイッチ、コンセントの位置を打ち合わせにて最終確認を終えてから吹き付け断熱材を施工していく事になります。
今回はここまでですが、大分進みましたね。

宇治家裏の新築工事 その4

宇治屋裏の新築工事ですが、最終の写真を掲載したいと思います。
外壁に格子を取り付け完成です。
格子部分ですが、建主様と色々話あった結果、縦格子に決まりました。シンプルに仕上がりコーナー窓がおしゃれです。
屋根にはソーラーパネルが乗ってあるのですが、全く見えませんね。
玄関を入ると階段のあるホールが見えてきます。
吹き抜けになっているおかげで非常に明るい玄関ホールです。
手摺がフラットバーで制作している為開放感があり途中から階段の形状を変えていて変化のある飽きのこない階段となっております。
階段下に設けた収納によりちょっとした物を玄関ホールにて収納できるのでとっても便利ですね。
玄関土間はシンプルにモルタルの押さえとしています。
ダイニングキッチンです。
当初斜め天井で行く予定でしたが、梁が少し見えている感じの段天井としました。
ちょっとの事ですが、空間に変化ができて広く感じる事ができます。
キッチンの腰壁にはシナ合板に床材に近い塗装を施し色の変化を与えています。壁は白を基調としているので木の色が少し入る事で逆に引き締まり良いのではないでしょうか。
リビングですが、玄関ホールとの間仕切りの上部はアクリルをハメ込み天井の奥行感を出したり気配を感じる空間として閉鎖感を無くす事に一役買っています。奥にはタタミの部屋があるのですが、建具により間仕切る事ができるようにしています。
では次回からは別の物件を紹介していきます。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/