日本の名城シリーズ 名古屋城 愛・地球博

DSC00751 DSC00755 DSC00761久方ぶりのお城シリーズです。今回は愛知で行われた『愛・地球博』が開催されていた頃の名古屋城です。
この日は、愛・地球博を見学してホテルに行く途中に名古屋城が見えたので、ついでに名古屋城も見学しにいこうと思い、行ったのですが、あいにく観覧時間が過ぎており入場できませんでした。
しょうがないので城の廻りをぐるっと散策していたのですが、ふと名古屋城を見ると、鯱がいないではないですか!名古屋城と言えば金の鯱なのに、鯱がいない。良く考えれば当時は愛・地球博の関連であちこちで金の鯱をいたるところで展示していて、鯱を降ろしていたんですね。
これはこれでめずらしい名古屋城と言う事で、写真を撮った次第であります。
普通は降ろされている金鯱を見に行く所でしょうが、私は金鯱のない名古屋城の方がある意味貴重じゃないかと思っているのですが、いかがでしょう?
余談ですが、名古屋城の金鯱は雄(北側)と雌(南側)に分かれており、大きさや形が異なっています。
名古屋城の金鯱は頭部が異様に大きく、作られており近くで見るとバランスがおかしいようにも思えますが、これは遠くから眺めた時に均整がとれ立派に見えるように配慮されているそうです。
昔の名工は城郭建築のみならず、寺社建築など一般になにげない所でも美しく見えるよういたるところに工夫がされており、当時の日本人の美意識は今以上に高かったのではないでしょうか?
鯱を最初に天守閣に載せたのは、織田信長の安土城だそうで、豊臣秀吉の大坂城(大阪城)や伏見城、徳川家康の江戸城、駿府城には金鯱が飾られていたようです。しかし、これらの天守閣は火災にあったり破壊されたりして、江戸中期頃には名古屋城だけが金鯱を持つ城となったそうです。
これだけ金鯱の話をしているのに、このブログには金鯱の写真が一枚も載せていないという所が中々憎いですね。
以上、金鯱の無い名古屋城でした。

黒田の新築工事 木工事編 その1

黒田の新築工事もいよいよ上棟となりました。
この日は朝早くから工事が始まり、7人の職人さんによって着々と工事が進んでいました。
写真はお昼過ぎの状態です。レッカー車によってどんどん材木が運ばれ職人さんも手際が良くみるみる形ができていきます。
基礎だけの状態に比べいつも思う事ですが、木軸ができていくと建物が大きく見えていきます。
この日は少し雪もちらほらと降っていて、とても寒かったのですが、無事に4時前にはすべての予定が終了し、安心しました。
昔はレッカーでは無く手で木材を上げていたと思うと大変な作業だったのではないでしょうか?
今もレッカーが通らない現場では手作業だと思いますが、レッカーが使えてよかったです。
さぁこれから黒田の家がどのようになっていくのか皆様楽しみにして下さいませ。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 内装及び外装工事編 その4

内部がだいぶ完成して参りました。
テレビボードの後ろの壁ですが、天井まで達しておりません。サッシの向こう側に見えている壁と高さと仕上げを合わしているのですが、皆様分かりますでしょうか?
突き抜けた感を出す為の工夫なのですが、ちょっと分かりにくいかな。写真の撮り方や廻りが完成してくると分かるようになると思うのですが、次回、撮影を再チャレンジしたいと思います。そしてこの壁の上の内部には照明を仕込んであるので、ライトを付けた時が楽しみです。
まだ、ビニールクロスを貼っていないので特に目立っているのですが、一部をシナベニヤに床材(ケンパス)に合わせた塗装を施しています。結構アクセントになっていると思うのですが、いかがでしょう?
早く床の養生を外して全体像を拝みたいものです。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 内装及び外装工事編 その3

いよいよ大詰めになってきました。木津の現場です。
外観です。
モルタルリシン吹き付け塗装とムク材を使った外壁仕上げです。
最近は濃い目の塗装を施したムク材が多いので、今回は自然な感じを残した仕上げにしています。
こちらの建築主様は前面的にこちらに任せてくれているので現場ではみなさん建築主様も交えて和気あいあいと作業が進んでいるようです。楽しそうです。
トイレの床ですが、タイルを貼っています。
これだけでも家がグレードアップしている感じがします。
写真には写っていませんが、現場サイドの計らいで便利な収納ボックスもついていました。
これには建築主様も感激しておりました。
喜んでもらえて良かったです。
家具工事でTVボードを作成しました。
床材に合わせて塗装もしています。
とてもマッチしています。
写真では分かりにくいですが、床から浮いているのです。
こう言う細かい所に細工をするのとしないのでは完成時にとっても差が出てくるのですよ。家具をオーダーしたって感じでとても良いです。
こちらもキッチンの廻りを床材に合わせた立ち上がり壁をつくり、部屋としてのまとまり感を演出しています。
写真ではキッチンパネルを取り付ける作業をしている所です。
今日はここまでです。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

黒田の新築工事 基礎工事編 その3

ご無沙汰しております。
基礎工事一気に進めたいと思います。
外周廻りを鋼製の型枠を組みベースになるコンクリートを流し込みます。
型枠に関しましては木製の型枠を使用する建設会社もあります。
ベースになるコンクリートが固まれば次に内部の立ち上がり部分に型枠を組み立て、内部にコンクリートを流し込みます。
この時にアンカーボルトやホールダウン金物も設置します。
この時は金物の位置や数を間違わないように気をつけます。
コンクリートが固まり、型枠を外した状態です。
あっという間に基礎の完成です。
とりあえず現状にブログが追いつきました。
次は土台が設置され、いよいよ棟が上がるのを待つばかりです。
次回をお楽しみに。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/