和歌山城の石垣の不思議

DVC00026 DVC00165 DVC00167 P4050444久しぶりに城ネタをUPしたいと思います。
和歌山城は様々な形式の石垣があり、石垣により造成された年代が分かります。野面積み、打ち込みハギ、切り込みハギと秀吉の時代から徳川の世、江戸時代まで多種多様です。今回は石垣に秘められた謎を紹介します。
この写真は天守閣の石垣です。
分かるでしょうか?墓石が転用されています。まさにこれを転用石というのですが、本来石垣に墓石を用いる事は恐れ多い事ですが、それだけに和歌山城の殿様は権力を誇示する為にあえて転用したそうです。
ここだけではなく色んな所で見かけます。
次はこの写真です。
石垣に刻印されている模様。現在2110個確認されており、刻印のデザインは色々あります。何の為に刻印されたかについては、石材所有者の表示、石質チェック、鬼門除けなど呪術的使用など諸説があり、はっきりとは分かっていません。
謎ですね。
この模様は何か分かりますか?
実は桃です。古代中国では桃は悪鬼を追い払う魔除けの効果があるといわれており、この桃は和歌山城の鬼門にあたる場所に刻印されてます。
鬼門と言えば丑寅の方角、牛のように角があり、寅模様のパンツをはいている、まさしく鬼です。ちなみに裏鬼門にあたる申、酉、戌。猿、鳥、犬の事ですが、まさに桃太郎がお供を連れて鬼退治。といった具合でしょうかね。
おまけです。
一部不自然な石垣がありますが、実は戦時中に防空壕がここにあったそうです。
現在は写真のように石で封鎖してます。
和歌山城は石垣だけでも楽しめるお城です。
さぁ!みんなで桃の刻印を是非、探してみましょう~!

黒田の新築工事 基礎工事編 その2

今回は鉄筋が組みあがった状態を見てみたいと思います。
全体の感じです。
見た感じはすごく綺麗に配筋をしているなという感想です。
型枠を組む前の鉄筋だけの状態ですが、よく鉄筋だけでこれだけの形が作れるものだといつも関心します。
鉄筋のベース部分です。
ベースはD13のピッチ200タテヨコです。なかには250タテヨコの場合とかが主流にしている所もあったのですが、最近では200ピッチの所が主流になっています。瑕疵担保の関係かな?
鉄筋が少し浮いているのですが、これは強度などを適正にする為にちょうどコンクリートを流した際、中心に鉄筋が来るようにする為です。
立ち上がり部分です。
一番上の鉄筋はD13で他はD10の200ピッチタテヨコです。
これらの写真はコンクリートが流されると見えなくなる部分ですので、このように写真をとり、中間検査時に提出する資料となります。
今回はここまでです。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

黒田の新築工事 基礎工事編 その1

黒田の新築工事が始まりました。
地鎮祭の時の笹が残ってますね。
縄が張っている場所に建物が建ちます。
今後どうなっていくのか楽しみです。
この状態で周囲の空き寸法などを確認します。
翌日ですが、昼頃にはこんな感じになってました。
基礎の部分が掘られており基礎のベースになる部分は砕石が締め固められ防湿シートが貼られていました。
この後、砕石の上に捨てコンクリートが流され、配筋されていくのです。
では次回、鉄筋が組まれている状態をお伝えしたいと思います。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 内装及び外装工事編 その2

木津の現場の進捗状況です。
外観ですが、モルタルの1回目の塗りです。
1回目の塗りの状態ですが、とてもシュールな感じで僕はこの状態がとても好きです。
最終的にはまだこの上にモルタルを塗り重ねていくのですが、この状態を拝めるのは今だけと言うところに惹かれます。
ちなみに写真に写っている玄関ドアは工事用です。
裏側です。
裏側にはフラットのサイディングを使用しています。
これはこれで無機質な感じがして十分綺麗です。
すべて、この素材でも十分かっこいいと思います。
しかし、今回は裏方で活躍してもらっております。
内部の2階部分ですが、壁、天井と下地であるボードを貼り終えています。
最終的にはビニールクロスで仕上げます。
寝室とウォークインクローゼットの間の間仕切りです。
天井を空ける事により空間を広く見せています。
できるだけ不要なものは省き戸も付けておりません。
しかし、ただ省くのではなく空間の見せ方を工夫し、最終的には満足が得られるよう努めます。
1階ですが、床下収納の戸です。
床材に合わせた仕上げになっております。
1階、2階共に床材も貼り終え、どんどん建物が完成していくのがとても楽しみです。
今日も外はかなりの冷気でしたが、建物の中はとても暖かく快適です。
外で作業される職人の皆様、ご苦労様です。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

富栄建設へのお問い合わせの件

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
年末にお問い合わせのハガキを頂きました。この場でくわしくは説明できませんが、連絡先のご氏名、ご住所等を記入されておらず、資料を送付する事ができません。このブログを見て気づきましたなら再度御連絡を頂ければ大変ありがたいです。
よろしくお願い申し上げます。
ホームページからの問い合わせもできます。
富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/