三葛の屋根改修工事 耐震補強編 その1

近い将来、来るであろう南海地震に備える為、耐震補強の工事について考えたいと思います。
現在、和歌山では耐震補強に対する補助金を申請する事により受ける事ができます。補助金を貰う為には諸条件に合致する必要があります。まず、昭和56年5月以前の木造建築住宅である事、他規模、用途など色々な条件があります。詳しくは、富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/まで。
今回、耐震診断を受け結果補助金を貰えるレベルまで耐震補強をするとすれば何をする必要があるのか?耐震マネージャーとして相談を受け調査した結果、屋根を葺き替えるのみで耐震補強はクリアできました。幸いな事に元々平屋建てだった事と、昭和45年以前の建物で少し緩和された数字まで上げるだけで良かった事。建主様がそもそも老朽化の為屋根を改修する予定があった事など、条件が揃っており、予算がいくら必要なのか教えてほしいとの事で、後日お見積りを提示しました。答えは進めて下さいとの事でした。
まず補助金の申請に必要な図面が必要です。実は設計料に対しても補助金が出るのです。
早速申請をし、補助金の決定通知を受け、さらに改修工事に対する補助金の申請を済ませ、ようやく工事ができる運びとなりました。
この写真は瓦及び土を撤去している所です。
こうして見ると土が入っている屋根は本当に重たそうに見えますよね。屋根が重ければ重心が上部になりますので地震時に大きな揺れが起こるのです。
左半分は綺麗に土も処理した状態です。
右半分は瓦は撤去しましたが土がまだ残ってますね。
次回は野地板を張り替える所を紹介したいと思います。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 サッシ工事編 その1

今回は木工事編ではなくサッシ編です。
サッシもすべて付け終え(玄関は工事用ですが。)建物らしくなってきました。
今回は必要な景色を楽しむべく、横長や縦長、コーナー窓など場所によって変化を与えています。
もちろん採光上は十分取れており、かつ部屋の有効利用を最大限考慮した形態となっております。
横長の連窓です。実際は廻りは住宅がたくさんあるのですが、御覧のとおり山の景色が大変写っております。隣地の建物を見るより山の景色を見る方が良いですもんね。目にも良いし。逆に隣地からの視線も感じません。かつ窓の下部分を有効活用できます。
コーナー連窓です。ちょっと写真写りが悪いですが、こちらも実際は山の景色が広がっております。こちらも窓の下を有効活用できますね。
出墨には建物の強度を高める為筋違いが入っており、最終的には筋違いが一部露出する形になります。構造材が見えているとそれだけで安心してくると言う心理をくすぐるポイントです。
最後に縦長の段窓です。横長の窓ばかりだと逆に一箇所縦長が入るとものすごく新鮮に見えてくるのは私だけでしょうか。横長の窓ばかりだと窮屈感がでますので縦長の窓を入れるだけで開放された感じになります。
逆に1階の窓は大きな開口を取っており、とても楽しい家になっていると思います。
       富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/