熱帯魚の飼育についての考察

P1000706 P1000707 P1000708今回、熱帯魚をこれから飼育したいと思われる方へ色んな飼育方法があると言うのを一部紹介したいと思います。まず、飼育方法としてアクアリウム(水中が主体)とアクアテラリウム(半水中、半陸上)があり、アクアテラリウムは次回お伝えするとして今回は、アクアリウムについて紹介したいと思います。
アクアリウムでも石組み主体のレイアウトと水草主体のレイアウトと大きく分かれます。この写真は石組みを主体にしています。ただ、phが上がるので(硬水)飼育する生物を見極めなければなりません。種類によっては軟水を好む魚がいるからです。若しくは水草を少し入れる時でもすぐ枯れる可能性があります。しかし、上手くいけば綺麗な状態であまり手間が掛からない水槽として選ぶのであれば良いかもしれません。水草がないと水質が安定しないので大きめの外部フィルターで生物ろ過を重点的に置いて飼育する必要があるかもしれませんね。
この水槽はエーハイムの底面オーバーフローフィルターを使いろ過された清浄の水を底面から噴出し、常に底砂を好気的な状態に保ち、ろ過容積が増えるので水質の維持が容易にできるようになるシステムです。
生物にとって欠かさない酸素は過剰すぎるとコケ等の発生に繋がるので昼間はオーバーフローのみで、夜間にタップ等を使いディフューザーで集中的に酸素を送るようにしています。
水槽にいる生物はカージナルテトラとオトシンとクーリローチです。
この水槽は45cmの水槽でレッドビーシュリンプを飼育しようとがんばっている写真です。
ウイローモスを石に活着させモスの絨毯にしてみました。この場合観賞とエビの繁殖を両立させようと思ったのですが、結果観賞と繁殖の両立はとっても難しい事が判明しました。結論から申しますと繁殖させようと思うのであれば水槽の掃除が楽に行える事。この水槽では底砂の手入れが行き届かず結果水質変化によりエビの全滅を招く結果になりました。上記の方法と組み合わせればよい結果が出たかもしれません。
今回はここまでですが、次回もお楽しみに。

三葛の屋根改修工事 耐震補強編 完結

今回で屋根改修による耐震補強工事も完結を迎える事になりました。
既存の屋根下地材と土を撤去して、天井裏に断熱材を前回貼り終えました。
今回は再度、屋根の下地材を葺くべく構造用合板を用意しました。
内部の断熱材が見えています。
どんどん貼っていきます。
あっという間に貼り終えていきます。
補助金を受けての工事ですので、色んな所を写真に残していきます。
しかし、防水シートの写真を撮り忘れていたのです。
幸いな事に役所の中間検査の時防水シートが貼ってあったので、そちらで対応して貰いました。
この写真は構造用合板を貼り終え、防水シートを敷く前の段階です。
ガルバニウム鋼板による縦ハゼ葺きです。
これにより工事は完了しました。
建築主様も頭が軽くなり枕を高くしてようやく安心して眠れるとの事でした。
この後、役所へ工事完了の申請を出し、この工事による補助金を頂き、無事終了です。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 内装及び外装工事編

現場では着々と工事が進んでおります。
床材を貼っていく作業の様子です。
これはケンパスという材でして、マメ科の広葉樹です。
東南アジアでは最も大きくなるらしく、木質は重硬で木理は交錯していて、耐久性にすぐれ狂いが少ないそうです。割りと安価に手に入る材料で、人気があります。
すでに建物にも断熱材が入っているので建物内部は暖かく作業がし易そうですね。
天井部分も下地のP.Bt=9.5を貼り終えており天井高さはH=2300ですが、特に低くは感じないですね。
天井は低い方が熱効率は良いと思います。
サッシの高さがH=2200あるので逆に広くも感じます。
これはラス網で今回、外壁部分はモルタルの吹き付け仕上げになる予定ですのでクラック防止やモルタルの定着の為、このようなラス網を下地に取り付けその上にモルタルを塗りこんでいきます。
モルタルを塗る場合、色んな下地材がありますが、今回はラス網を採用しております。
ある程度内部の工事が仕上がってからモルタルを塗るようにしております。
なぜかというとモルタルを塗り終えた後乾かない内に内部で工事を同時に進めると折角塗り終えた外部のモルタルが割れてしまう恐れがある為です。
細かい気遣いが必要ですね。
では今回は以上です。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

奥丹清水へ湯豆腐を食べに。

DVC00060 DVC00061先日、湯豆腐を食べに京都にある総本家ゆどうふ奥丹清水というお店に行ってきました。
南禅寺にも奥丹があるのですが、今回は奥丹清水にしかないという昔どうふを注文するのですが、普通の豆腐との違いを確かめる為、両方オーダーしました。
写真で説明しますと、上の段が昔どうふ、下の段が普通の豆腐です。
昔どうふはすでに4つばかり食べてしまってますが..。
味的には昔どうふはとてもしっかりしていて少し固め。大豆本来の味が楽しめます。
普通どうふは舌触りがなめらかでとても上品な味です。
湯豆腐以外に天ぷらやとろろ、田楽等色々あり結構楽しめました。
結構お値段はしますが、京都での料理とは食べる場所(建物)、情景、そして料理がセットだと思っていますので、奥丹清水はとても良かったです。
今回、建物、景色は写真で紹介しませんが、是非ご自身で足を運んでご自分の目で見て下さいませ。
冬の京都、清水へ行く時は奥丹の湯豆腐がお勧めです。

三葛の屋根改修工事 耐震補強編 その2

前回の続きです。
古い野地板もはずし天井裏が剥き出しになってますね。
ここからがお天気との勝負です。雨が降ったら大変です。
しかしこのお家はまだ垂木なんかも綺麗な状態で良かったです。蓋を開ければボロボロって言うのもある程度は覚悟してますからね。
空けてみてホットひと安心です。
ただ、いくつかはビスを留めなおしたり、垂木を新しく新設したりとか若干はありますが、良好な方だと思います。
この現状を施工主様に説明するだけでも、少しは安心して下さるのではないでしょうか?
元々土葺きの屋根瓦でしたので土そのもので断熱効果があったのですが、屋根の軽量化の為土をすべて撤去しましたので、それに変わる断熱材を入れる事にしました。
断熱材に対しての補助金は対象になるのかどうかという役所との話のやり取りがありましたが、最終的に必要不可欠と言う話を納得してもらった格好になり安心しました。
既存の天井裏に敷き詰めていきます。
これで多少は音なんかも気にならなくて済んでくれれば良いのですが。
さて次回は構造用合板を貼っていく様子を紹介したいと思います。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 断熱工事編

こんにちは。今回は断熱工事です。
このお家では断熱材をグラスウールではなく発泡ウレタンを使用しました。
一生懸命に吹き付け作業をしています。
吹き付けた直後からムクムクと膨らんでいき見ていて面白かったです。
グラスウールとの違いはたくさんあれど、見て分かるのが隙間の無さですね。
この写真は1階ですが、御覧の通りボルトの類にも吹き付けるのですよ。外気からボルトを伝って結露が起これば意味が無いですもんね。
はみ出たウレタンをカッター等で削ぎ落としたりするのですが、気持ち良さそうでした。
後、この写真はユニットバスの据え置く場所ですが、こちらは床の断熱材が無い分基礎まで吹き付けます。
モコモコ感が何とも言えませんね。
2階の写真ですが、小屋裏まで隙間無く吹き付けます。
今日とても外が寒かったのですが、中はとっても暖かくて効果大です。まるでクーラーボックスです。
一度体験して貰いたいですね。
少々値は張りますが、ここまでやるか!って感じなので、やって良かったときっと思えるアイテムだと思います。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/