木津の新築工事 木工事編 その2

中間検査も無事に終わりました。
建物内部の状況です。奥に見えているバツに入っている木材が筋違いと言って建物を地震力や風圧力から建物を支える役割を果たす構造材です。タスキ掛けと言って片流れに入れる場合とバツに入れる場合があり、入れる場所を考慮し決めていきます。バツに入れる場合はタスキ掛けです。
筋違いを留めている金物です。ここでは難しい事は述べませんが、構造材として建物を支える役割をするだけにしっかりした金物できっちり留めましょう。
ちなみに筋違いは45x90のサイズを使用しております。他にも15x90や30x90のサイズ。最近ではあまり見る事が無くなった90x90というサイズもありました。
小屋組みには火打ち材という斜めに入っている部材で剛性を高めます。
この写真には片流れの筋違いが入っています。
筋違いを入れる時に注意する必要があるのは配置バランスを考えて入れる事です。今ではとにかく数が合えば良いと言うのでは無く、(昔からそうですが。)建物の書類検査の時にバランスが取れているのかをしっかり検査される事になっており、地震時に起こる揺れを小さく抑えます。バランスが悪ければ揺れが大きくなります。
今では主流になっている基礎パッキン。
基礎と土台の間に黒いものが写っていると思うのですが、これが基礎パッキン。床下の換気をする部材で、昔は床下換気孔と言って5m以下に300cm2の換気孔を作っていた。(現行の法律は変わってない。)今では全周で換気をするというのが当然のようになってますね。孔を空けないので建物的にも強くなりますしね。
今回はここまでです。
  富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 木工事編 その1

本日は上棟式です。
2階の柱に丙と呼ばれる飾り物を付けてお祈りします。
本来は天井裏なのですが、屋根の勾配が緩いので2階の柱に付けております。
建主様も建物の形が見えてきて色々実感が沸いてきたのではないでしょうか?
今回の現場は進みが速く上棟の時点で筋違いも取り付けしてました。
外観はこんな感じです。
この後はサッシやら外周廻りの外壁下地の構造用合板などが工事されていきます。
次回は中間検査後の状態を紹介できればと思っております。
   富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

おかしの家で町づくりin南部パート1

DVC00030 DVC00032建築士会の事業で各小学校やPTAの方々と共催で定期的に行っているお菓子で作る家つくりを今回も行って来ましたので紹介します。
5人から6人の1年生から6年生でチームを7つ程作り各チームで作品を創ります。この写真は私が担当したチームです。
壁はウエハースでつくり屋根がエビ煎です。作っている内に中間に免震構造を取り入れた4重の塔の建物になってしまいました。子供達は他のチームより高い建物に満足している様子です。デコレーションは子供達にはかないません。
なかには車を作る子もいて面白かったです。
終わった後にみんなで食べたりお持ち帰りするので各層分離できるように配慮し、タッパに入れやすい大きさにこだわりました。
この写真は各チームで作った家を並べて町並みを再現している所です。
各チーム個性があり毎回の事ですが、バラエティーに富んだ家ができております。
この日は湿度が少しあり、スパンの飛んだ屋根にエビ煎を使っているチームは時間が経つにつれて少したるんでいるようです。
こちらの地域ではお菓子の家つくりが好評で申し込みの人数が多かった為、2回に分けて開催する事になっており、来年の2月にもお伺いする事になっています。
なにより子供達の達成感がひしひし伝わり、笑顔がとても良かったです。

木津の新築工事 基礎工事編 その3

基礎工事が完成しました。
基礎だけ見ているといつも思うのですが、小さく感じます。建主様も口に出さずともたぶん感じている所だと思うのですが。
ここは土地が広いだけに余計に小さく見えるのですよ。
しかしこの後に棟上げが済む頃にはその反面大きく見えるのですね。
とても楽しみです。
   富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

木津の新築工事 基礎工事編 その2

木津の現場での配筋の具合を紹介します。
基礎のコンクリートを打設する際に組む型枠ですが、鋼製の物を使う事が最近では主流のようですね。
ちょっと前では木材を使用してるケースが多かったように思います。
基礎の中央付近には地鎮祭の時に祈祷して頂いた鎮物を埋めます。これでこのお家は安泰です。
ベース筋はD13@200かな。十分な配筋ですね。
基礎の立ち上がり部分です。
主筋D13で他はD10@200って所でしょうか?
この後の作業としましてはまず、ベースにコンクリートを流し込みその後立ち上がり部分に内側に型枠を設けてコンクリート打設と言う具合に進んで行きます。
では次回をお楽しみに。
   富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/