テナント改装中 居酒屋編その2

今回はテナント改装中の現場ですが、今週中に工事が終わる模様です。
まだ、備品の方(家具系)はは入ってないのですが、壁の仕上げは終わってますね。あと、床がまだ素地のままなので、塗装を施さなければなりません。この現場では本体工事としては床材が結構お金が掛かっているようです。
カウンター部分です。足元は堀になってます。壁は左官塗り壁でくし引きのような仕上げになってます。色は黒色でかっこいいです。
厨房は壁はステンレスを使っていてまぶしいですね。
まだ厨房の器具も設置されていないので、なんか滅菌ルームのようです。
次回は完成の様子を紹介できればよろしいかと思います。

内原の新築工事 内装編

ブログを始めたのが最近なので終わりかけの現場を紹介するのもあれなんですが、せっかく写真撮ってきたので紹介させてくださいませ。
リビングですが、下地である壁:P.Bt=12.5(石膏ボード)天井:P.Bt=9.5(石膏ボード)を貼り終えた段階ですね。立て掛けてるのはドアですかね?床はフローリングを張り終え、養生シートで保護しております。現場は常に綺麗にしてます。汚い現場ですと、仕事も悪いと思われたりするんですね。
階段です。同じく下地処理を施す前です。踏み板に養生ちゃんとしてますね。まぁ当たり前なのですが。
最終的には手摺が付きます。昔は片方しか壁が無い場合は手摺を義務化してたのですが、最近では片方に手摺を付けるという義務化になりました。なので狭く感じます。まぁ手摺はあるに越した事はないのですよ。
このお家で一番明るい部屋です。外に8条分のバルコニーがあります。ちなみにベランダとバルコニーの違いが分かる人いますか?
屋根があるのがベランダ。無いのがバルコニーです。
物がありますが、綺麗に整頓されております。
この現場は次は最終段階の仕上げの工程に突入して参ります。
では。

加納の新築工事 基礎編1

基礎の配筋検査の方も無事終わりいよいよコンクリートを流し込みます。
まず、土間の部分を厚さ15cm打ち込みます。
流す時にぶるぶるさせる機械で隙間無くコンクリートを流し込みます。
土間の部分完成です。
この後立ち上がり部分に型枠を組みアンカーボルトを埋め込んでコンクリートを流す工程に進むわけです。
では次回もお楽しみに。

上級救命講習会in2011年

DVC00014 DVC00036 DVC00039昨日ですが、和歌山市内にある消防署にて上級救命講習を受けて参りました。
普通講習と上級講習とあるのですが、せっかく受けるのならばやっぱり上級の方と言う事で、朝から8時間みっちり講習を受けて参りました。
成り行きは地震等が発生した時に応急危険度判定士として被災地へ行くのですが、その時被災地の方々に救急救命の方でも役に立てればと言うのが今回参加した理由の一つです。
消防士さんは徹夜明けにも関わらず、熱心に指導してくれました。
この写真は心肺蘇生、AEDの使い方の指導を受けている所です。この他8時間なので、ありとあらゆる対処方を教わりました。その中でも三角巾の使い方はすごく勉強になりました。色々使えるのですよ。
今回お世話になったお二人です。
たしか、左の方は消防士さん達はアミーちゃんと呼んでたような。
実際にそういう現場に居合わせた時すぐに体が動くかどうかですが、今回の講習を受けていかに早い対処によって助かる命の確率が上がるという事を学んだので、あとは自分に自信を持ち今回学んだ事を忘れずに定期的に講習を受ける事が必要だと思いました。

耐震相談説明会

DSC00994 DSC01174 DSC01177 DSC01179特に工事の方も進捗情報もないので、今回は和歌山における耐震診断、耐震改修への取り組みについて説明したいと思います。
現在、和歌山では南海大地震に備えての無料耐震診断を各市町村にて行っております。
ただ、関心が無かったりそう言う事業がある事すら知らなかったりとさまざまな事情があり、なかなか、耐震化率が思うようにあがりませんでした。
そこで、市役所、県庁の行政の方々と、地元自治会、耐震診断を委託されている建築士会と協力して、各自治会館をお借りして耐震説明会の開催をして行く事になりました。
今回は紀三井寺地区を説明して廻ったわけですが、皆さん耐震について真剣に耳を傾けていました。
紀三井寺地区にもたくさんの自治会館があるので、建築士会のメンバーで手分けして担当自治会館を振り分け説明員としてパソコンを使いプロジェクターを使い耐震の必要性をお話させていただきました。
ここは私が担当した紀三井寺の三葛地区です。
なぜ耐震改修が必要なのか、自分の命もそうですが、それ以外の方たちの命を守る為にも地区全体での耐震化というのが必要になってくるのです。
マイク持ってるのが私です。
とても緊張していたのですが、説明している内にだんだん話しにも熱が入ってきて耐震の必要性が皆様にも伝わったのではないでしょうか。
もし、無料の耐震診断に興味がおありの方は和歌山市役所建築指導課にて申請用紙に記入していただくか、富栄建設の村上までご連絡頂ければその都度説明致します。これは一種のボランティアなので気軽にお声を掛けてくださいませ。
富栄建設ホームページ https://www.fuei.co.jp/

テナント改装中 居酒屋編その1

今日はテナント改装中の現場へ足を運びました。
リフォームをする前ですが、このテナントは天井が低いので、それを逆におもしろくできないか?と言うクライアント様の希望がありました。
この写真は今日撮影してきたものです。ほぼ、大工さんの仕事は終わりみたいですね。分かりにくいかもしれませんが、段差をもうけ、天井の低さをあえて強調する事により頭への危険度を回避する狙いがあったりします。廊下は天井を少し高く、座席部分は逆に低く落ち着く雰囲気を演出したり、色々工夫はしております。
カウンター部分ですが、足元は堀にしており、カップルや一人で飲まれたい方にはちょうど良いですね。最終的にどんな雰囲気になるのか、今からとても楽しみです。