FUEI×家づくり~家を想像する~

あたり前の空間よりありえない空間を想像しませんか?
心地よい光・風を取り込み、抜けを作ることで開放感を演出し、実際以上に広く感じる空間ができあがります。
変わりゆく住まい手のライフスタイルや家族の変化に対応するそんなずっと先まで続く楽しい家づくりを提案します。
富栄建設 建築士 村上氏
富栄建設 建築士 村上氏

FUEI×デザイン

─ 個性を生かしたデザイン

 人の個性はさまざまで、家にもあなたの個性を反映させたいと弊社は考えています。おのずと世界に一つの家になるのです。
 例えば、玄関土間やポーチにはシンプルにコンクリート土間左官押さえのみで仕上げたり、一般的な住宅には部屋に通じる廊下がありますが、これをなくすことにより坪数を抑えコスト削減にもつなげることが出来ます。
 規格の家では表現できない、家づくりを造りませんか。

─ 固定概念に縛られない空間デザイン

 とにかく建主様のお話をできるだけ多く聞きます。
話をしていく内に信頼関係も生まれ、趣味や癖、好きな色など、生活スタイルだけでなく本当に望んでいることが分かってきます。
 例えば「コストを下げたいけれど、部屋を広く見せたい!」というご要望にも、天井を壁まで立ち上げないことにより、コストも下げると共に空間を広く見せる提案でお応えします。
 ここで「コスト」について少しふれましたが、ローコスト&ハイデザインの住まいづくりを実践している「FUEI」がアピールするローコストとは決して安物と同義ではありません。「デザインの良さは価格に比例するものではない」との信念にもとづいて、高価すぎる素材の使用をあえて回避します。快適な暮らしをかなえ、ハイセンスなデザインに必要な、良質でシンプルな素材のみを使い、家具・インテリアコーディネートまで手がけて工夫満載の空間レイアウトを実現することで、コストダウンにつなげています。
 最大限空間を生かして広々とした豊かな家を創ることで、坪数を抑える事により魅力ある低価格な家を実現します。坪単価で考えるのではなく、いかにコンパクトかつ広々とした空間を演出することで坪数を減らし、魅力ある個性的な建物に住みたい...。
 同じ金額で坪単価を下げて、ただ広い家に住むイコールそれなりの土地が必要です。しかも土地の有効利用が難しくなります。それよりも空間をうまく利用して、家族が住むには十分な凝縮されたハイセンスな家。かつ狭い土地にも対応できて、広い土地に関しては最大限に有効利用できます。トータルで考えていただくときっとご満足いただけることと思います。

 T邸では、視線が外部へ抜けるように窓を配置したり、吹き抜けを設けたりすることで室内をより広く感じさせます。
 2階は吹き抜けを挟んで、夫婦の寝室を子ども部屋を設置。最小限のプライバシーは守りながら、家族間のコミュニケーションを図りやすくしました。
 また仕切りのないスペースだからこそ、ライフスタイルに合わせてカスタマイズが可能。今回の家にはリビングに特注の暖炉を置き、家族が集まりやすい空間を生み出しています。

─ 調和のとれたインテリアデザイン

 人にも自然にもやさしい家づくりを提案しています。
 ただ古くなるのではなく、かっこよく古くなっていくというのはどうですか?
 出来るだけ既製品を使わずにオリジナルにこだわっていきたいと思っています。
 「建具のこだわり」の例として、窓・建具はシンプルに、そして天井を低くすることでコストを削減します。
 しかし、建具をオリジナルで作ることにより天井まで高さを上げることができ、壁を高く感じることができます。
 また、玄関からリビングへ通ずる所は、オリジナルの下駄箱などで間仕切り、壁や建具をなくすことができます。
 また、内装に合わせて、ダイニングテーブル・椅子。ベンチ・リビングのソファ、洗面台やキッチンまで造作することが出来るのも弊社の魅力です。
 このような造作家具により、キッチンやダイニング、リビングなどが一体感のあるくつろぎの住まいに仕上がります。

─ 自然を生かすデザイン

 窓から見る何げない風景も植栽を取り込むことで絵になる景色に変わります。
 中庭を作ることで、外部からの視線を気にすることなく、心の底から楽しめる空間ができあがります。
 夜には窓から見える庭のライティングにより、昼間とは違う景色を楽しむことができたり、パノラマウインドウを採用することで、連続的に外の景色を楽しむこともできます。

FUEI×地震について考える

─ 「安全」を約束

 近い内に起こるであろう南海地震に対する備えとして、FUEIでは、様々な取り組みを行っています。
 新築に関する場合でいえば、まず、地盤がしっかりしているか調査する必要があります。必要であれば、地盤改良を行います。地震時に、柱に引き抜きが起きないように基礎もしっかりとした物でなければなりません。木構造も何度も見直し、打ち合わせをくり返します。
 木造住宅を設計する際、耐力壁をバランスよく配置することで、地震に対するねじれを防ぎます。屋根材を軽くすることで、重心を下げて、揺れ幅を最小限に抑えます。
 また、FUEIでは、木造以外でも鉄骨造(STEEL HOUSE)を推奨していて、構造計算で安全性をつぃかめるので、クライアント様にも安心して採用してもらいことができます。
※耐熱と保証について詳しくはこちら

FUEI×ポジティブエネルギー

─ 機械を使わない家づくり

 機械を使わずに自然の力を最大限に利用して、家づくりをします。
 例えば、間取りや建具などを工夫し、家の中で風の流れを作ることで快適な環境空間を作ります。
 さらに、エアコンの省エネを実現するために、窓の選び方が非常に重要となってきます。その答えの一つが「樹脂窓」です。環境先進国ドイツではより高い基準をクリアするために「トリプルガラス樹脂窓」の普及が進んでいます。樹脂窓を採用することで結露を抑え、不快な汚れを防ぎ、家の耐久性を高め、さらに高断熱化することでエネルギー消費の削減はもちろん、住宅の温熱環境を改善し、快適な住環境を実現します。
 また、高い耐熱性を確保するために「吹き付けウレタン」を採用することで躯体との間に隙間ができにくく、優れた気密・断熱性能を維持し、細やかな暮らしを実現します。高い気密性のため、効率的に換気することが可能なので24時間換気システムとの組み合わせで健康的な空気環境を造りだします。
 FUEIは環境にやさしいこれからの省エネ住宅を目指します。