黒田の新築工事 基礎工事編 その2

今回は鉄筋が組みあがった状態を見てみたいと思います。
全体の感じです。
見た感じはすごく綺麗に配筋をしているなという感想です。
型枠を組む前の鉄筋だけの状態ですが、よく鉄筋だけでこれだけの形が作れるものだといつも関心します。
鉄筋のベース部分です。
ベースはD13のピッチ200タテヨコです。なかには250タテヨコの場合とかが主流にしている所もあったのですが、最近では200ピッチの所が主流になっています。瑕疵担保の関係かな?
鉄筋が少し浮いているのですが、これは強度などを適正にする為にちょうどコンクリートを流した際、中心に鉄筋が来るようにする為です。
立ち上がり部分です。
一番上の鉄筋はD13で他はD10の200ピッチタテヨコです。
これらの写真はコンクリートが流されると見えなくなる部分ですので、このように写真をとり、中間検査時に提出する資料となります。
今回はここまでです。
  富栄建設ホームページ http://www.fuei.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA