西高松の新築工事 木工事編

現在は完成間近なのですが、木工事を軽く振り返りたいと思います。
どんな家もそうですが、組み上がってみるととても大きく見えます。実際大きいのですが、この写真は棟上げ時です。
筋違いが入ってないので仮に斜めの木材で建物を支えています。
この写真は工事が少し先へ進んで断熱材をさぁ入れていくぞと言う写真です。
今では断熱材もホルムアルデヒド対策としてF☆☆☆☆
の刻印がされている物が使用されます。
同様に床の下地材である構造用合板もホルムアルデヒド対策品を使用します。本来ムク材はホルムアルデヒド対象外ですが、構造用合板は薄い板を張り合わせる為ここで言うホルムアルデヒド対策とは合板に使われる接着剤の事を言います。
どんどん工事は進みます。次回をお待ち下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA