西高松の新築工事 地盤改良編

現在、新築で家を建てる時、地盤調査をして、結果地盤改良が必要な場合はその地盤に的した改良を施します。
今回この場所では地盤調査の結果、深層混合処理工法と言う工法を採用しました。要は杭を打ちその上に建物を乗せると言う事です。杭の基礎というのがあるのですが、その場合基礎と杭が一体化するのですが、これはあくまで地盤改良なので地盤を強くする為に施し、その上に基礎を乗せると言う感じです。
結構廻りの人から見れば何の工事かな?と思わせる大きな重機が入ります。ビルでも建つような感覚ですよね。
しかし今はこれが当たり前になってきています。
中には地盤良好で必要なし。と言うのもたまにあります。
この工事が終われば次は基礎工事に入ります。
次回をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA