日本の名城シリーズ 現存十二天守編 in丸岡城

現存十二天守シリーズ今回は福井県にある丸岡城です。織田信長の筆頭家老である柴田勝家の甥にあたる勝豊が築城され有馬氏丸岡藩6代になり明治維新を迎えた。現存する天守の中では国内最古の呼び声があり、特徴として瓦が石瓦で葺かれており寒冷地に適した全国でも珍しい屋根となっている。元々国宝に指定されていたが、福井の大地震で倒壊し、部材を組みなおして修復再建されており地元では島根の松江城に続き国宝へ向けて頑張っています。

DSC_0245 DSC_0250 DSC_0254 DSC_0268

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA