日本の名城シリーズ 岡山城

DVC00137 DVC00142 DVC00149 DVC00154 DVC00159今回、日本の名城シリーズ 岡山城を紹介します。
岡山城を簡単に説明しますと、本格的な城作りの始めとされる織田信長が築いた安土城にならって建造されたとされる、城の研究には避けては通れない城だという事で、なんとなく天守閣も、今となっては岡山城を参考に安土城の復元図が作成されたのではと言うくらい似ています。
初代城主は宇喜多直家という戦国屈指の謀略好き。かの毛利元就とも良く戦っていたようです。
この写真は不明(あかずの)門と呼ばれているのですが、内側から撮った写真です。御覧の通り門を抜けるとすぐに急な坂道になっており、大群が押し寄せてもここで止まっちゃうんですね。ここで一網打尽です。
安土城の復元図と良く似ていると思いませんか?というか最初に真似たのはこっちなんですが。
外壁の下見板は黒く、からすの濡れ羽色によく似ている為、別名「烏城」と書いて「うじょう」と呼びます。
内部は6階建てなのですが、空襲で焼失。その後鉄筋コンクリートで昭和41年に再現されており3階か4階までエレベーターで上がれたと思います。
天守閣の一番上からの景色ですが、日本三大庭園の一つ後楽園が見えます。
望遠鏡で見ましたが、茶屋で食べてたアイスがおいしそうでした。
現在本丸内で唯一残された月見櫓です。
国指定重要文化財に指定されています。
雨戸が邪魔ですね。
馬場口門を抜けて裏の方から撮影した天守閣です。
岡山城は見る場所を替えると表情が変わるのですよ。
色んな顔があるのでとても面白いです。
ちなみに岡山のおすすめグルメはデミかつ丼です。美味しかったです。色んな店があるのでお気に入りの店を探して行ってみてください。
岡山城でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA