日本の名城シリーズ 二条城

DVC00042 DVC00043 DVC00046京都にある二条城ですが、徳川家の別荘的な感覚の城です。
二条城と言えば有名なのが二の丸御殿なのですが、やはりマニアな所で今回は天守閣の跡地である天守台の方をクローズアップしてみました。あまり二条城で天守閣というのは忘れられがちなのですが、ちゃんと昔はありました。複合式層塔型5重5階という立派なものがあったわけです。その証拠が今回の写真に写っている天守台です。この写真は天守台へと続く階段です。
この写真は天守台から眺める二条城です。写真に写っているのは二条城の本丸御殿です。これはこれで非常に価値のある他のお城にはない貴重な文化遺産です。ですが知らない人がみるとただの広い庭のある大きいお屋敷にしか見えませんね。このアンバランスが二条城を城と認めない方がいる由縁でしょうか。なので今回はちゃんと二条城にも天守閣があったのだよと分かって貰うための紹介です。天守台からの眺めは最高です。
奥に見えるのが天守台です。こう見るとなるほど、お城だなとお分かり頂けるのではないでしょうか。石積みはもちろん「切り込みハギ」で江戸時代では最先端の積み方でだいたい石の組み方でそのお城の時代背景が分かります。和歌山城なんかは城郭の中で3種類程の積み方があり、それぞれ時代背景が違うのが良く分かります。一度京都に行かれた際は二条城の天守台へと行ってみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA