旅行中の縦長建築。

建築士会の年に一度の全国大会。今年は、いばらき大会。せっかく茨城まで行くのでついでに東京見物に行ってきました。
こちらは水戸にある水戸芸術館です。

05その中にそびえ立つピカピカしたタワーが建っているのですが、磯崎新と言う建築家が設計した、タワーです。
一応エレベーターにて上がる事ができます。
こう見えてエレベーターは2階まででして、いきなり最上階になるのですが、仕事柄色々考えてしまうのですが、こんなに長いのに2階建てということは竪穴区画は関係ないんやろな。とか色々考えさせられます。
見ての通り窓は両端にある丸い窓しかなく、小窓から外を眺めるといういかにもデザイン優先の展望タワーでした。
06さて茨城は後にして東京まで戻ってきました。
折角なので浅草寺へ行き、お参りしてきました。
その時二つ目の縦長建築を発見。
浅草寺の五重ノ塔です。
現在の五重ノ塔は昭和48年に鉄筋コンクリートにて再建されたもので高さが48メートルあるそうです。下の土台が既に結構高かったので大分高く見えますね。
再建と言っても日光の五重ノ塔に似ている感じがするので奈良や京都のような元々古い様式ではない感じがします。
07最後に浅草寺から見えてました。東京スカイツリーです。
折角なので浅草寺から歩きで行ってきました。
近くまで来るとさすが世界一の電波塔634メーター。
すごいですね。
近くで見れば分かるのですが、平面上丸では無い事が分かります。
上まで上がりたかったのですが、凄い列ができていましたので、時間の都合上断念しました。
任天堂3DSをこの時、持っていたのですが、イギリス人とすれ違い通信ができて恐るべき東京。と3DSを持っている田舎に住んでいる方ならきっと分かってもらえるはず。
以上、縦長建築に出会った~。でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA