改装工事 事後報告in吉田

今日は改装工事のビフォアー&アフターです。
これは改装前の写真です。床が土間になっており、元々は商売をされていたんだと思います。今回中古物件を購入し改装工事の依頼を請けたのですが、内容は床のレベルを上げて広いリビングを。との事でした。天井裏の調査をしてみると、木造なのですが、一部鉄骨で補強してあり、梁を見せて面白い空間と思ったのですが、天井はフラットで仕上げる事になりました。
これは改装後の写真です。床の部分を上げフラットなバリアフリーに仕上げました。中々な出来でしょ。
キッチンやユニットバス、床材など、決定するまでに建材フェアやショールームを建築主さんと見て廻り工事が始まるのですが、色々見て廻るのが結構楽しかったりします。
改装前ですが、20年程前に流行った化粧ベニヤ4ミリほどでしょうか。耐震の評価にはならない厚さです。余談ですが、ベニヤでも耐火ボードでもそうですが、梁~土台間にちゃんと施工されておれば、それなりに耐震の評価は得られます。現在は在来工法で施工する場合壁の耐震化はほとんど筋違いなので下地の合板や耐火ボードでもしっかり施工すれば耐震としてプラスアルファになります。ただその場合は基礎の補強もしっかりしましょう。壁が強くなればなるほど引き抜きに対して基礎が重要になってきます。
上の写真の改装後です。壁全部を壁紙で仕上げるのではなく一面だけこのようなシナベニヤで仕上げるのもおしゃれですね。せっかくリフォームするのでしたらしっかり耐震の事も考えましょう。
この床材は建築主さんが探してきた素材です。
改装前のWCです。ここも床が下がってました。便器からすべて綺麗にしました。
ごらんのようにバッチシトイレもシンプルな感じに仕上がりましたね。
窓の枠も取りはずしたので壁紙が廻り込んでます。トイレはごちゃごちゃするよりすっきりするのが一番ですね。
本来は工事状況をお伝えしたいのですが、今回は事後報告と言う事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA