宇治家裏の新築工事 その4

宇治屋裏の新築工事ですが、最終の写真を掲載したいと思います。
外壁に格子を取り付け完成です。
格子部分ですが、建主様と色々話あった結果、縦格子に決まりました。シンプルに仕上がりコーナー窓がおしゃれです。
屋根にはソーラーパネルが乗ってあるのですが、全く見えませんね。
玄関を入ると階段のあるホールが見えてきます。
吹き抜けになっているおかげで非常に明るい玄関ホールです。
手摺がフラットバーで制作している為開放感があり途中から階段の形状を変えていて変化のある飽きのこない階段となっております。
階段下に設けた収納によりちょっとした物を玄関ホールにて収納できるのでとっても便利ですね。
玄関土間はシンプルにモルタルの押さえとしています。
ダイニングキッチンです。
当初斜め天井で行く予定でしたが、梁が少し見えている感じの段天井としました。
ちょっとの事ですが、空間に変化ができて広く感じる事ができます。
キッチンの腰壁にはシナ合板に床材に近い塗装を施し色の変化を与えています。壁は白を基調としているので木の色が少し入る事で逆に引き締まり良いのではないでしょうか。
リビングですが、玄関ホールとの間仕切りの上部はアクリルをハメ込み天井の奥行感を出したり気配を感じる空間として閉鎖感を無くす事に一役買っています。奥にはタタミの部屋があるのですが、建具により間仕切る事ができるようにしています。
では次回からは別の物件を紹介していきます。
  富栄建設ホームページ http://www.fuei.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA