和歌山古写真 和歌山城編

和歌山公園入口一の橋-5 和歌山城天主閣-1今回は私が集めている昭和4年~5年頃の古写真を紹介したいと思います。
これは第二回国税調査記念として発行された絵葉書です。おもしろいのが、左上に切手が貼られていますが、良く見ると朝鮮が日本の領土として色塗りされています。当時は戦時中で日本と朝鮮が合併していたのです。それから皆様今の和歌山城とどこか違うのがお分かりでしょうか?
実は当時は姫路城に次いで国宝に指定されていたナイスな城だったのです。もちろん当時は木造。現在は昭和の大空襲で焼失し、昭和33年に鉄筋コンクリートで藤岡博士の指導のもと再現された城なのです。
この写真は和歌山城の一ノ橋付近の写真です。現在では和歌山城の正面玄関は岡口門ですが、徳川が治めてる頃は一ノ橋が正面玄関だったそうです。
まだ色々写真があるので次の機会にでも紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA