加納の新築工事 基礎編1

基礎の配筋検査の方も無事終わりいよいよコンクリートを流し込みます。
まず、土間の部分を厚さ15cm打ち込みます。
流す時にぶるぶるさせる機械で隙間無くコンクリートを流し込みます。
土間の部分完成です。
この後立ち上がり部分に型枠を組みアンカーボルトを埋め込んでコンクリートを流す工程に進むわけです。
では次回もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA