冬野のオープンな家その2

上棟式も終え形が見えてきました。地震時に大きな揺れによって柱が土台、梁からはずれぬように金物で固定します。寺社物件や古い家などの建築物は揺れに追随するよう地震の力を吸収する事で耐えるよう出来ていますが現在の建築基準法では地震に耐えるよう設計されています。なので想定外の地震が起これば当然倒壊することになります。その都度、法律が変わっていくのが現状です。将来的には揺れに耐えるのではなく揺れに追随するような建築物が主流になっていくのではないかと私は思います。

DSC_0129 DSC_0130(1) DSC_2022 DSC_2024 DSC_2034 DSC_2041

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA